株式会社サンクビット

世界で認められた高い防火性能

世界各国が防火基準として認める、北米の多層階防火試験をクリア。ドライビット「アウサレーション」は世界基準の「安全」「品質」、そして「安心」を兼ね備えたシステムです。

アメリカ

1980年代初め、米国での防火規制に対する世論の高まりの中から「多層階防火試験」が誕生しました。

米国では、1980年代初め頃、急拡大する発泡系外断熱工法(EIFS)の防火規制のあり方をめぐり世論が高まりを見せ、実証主義を旨とした多層階防火試験(マルチストーリーテスト)が誕生しました。
ドライビットは既に当時から米国EIFS※業界のリーダー的存在で、米国政府が創設した過酷な防火試験である「多層階防火試験」にドライビット「アウサレーション」は最初に合格しました。
※EIFS(Exterior Insulation Finish Systems:外装断熱仕上工法)

1990年代、より低コストな多層階防火試験方法「ISMA」が生まれ世界的な防火基準となっていきました。

1990年代に入り、多層階防火試験と同等の防火性能評価試験をより低コストで行える「ISMA」試験に変わりました。既にドライビット社等EIFS商品は米国のみならず、諸外国へ輸出されていましたが、上階への防火性能を規制する考えは輸出先の各国でも必要となり、ISMAの合格をもって、「多層階建築への防火規制基準とする国」が増加して行きました。
現在、多くの先進国で外断熱を含む外壁の防火性能について厳しい法的規制が設けられており、防火・耐火試験が義務化されています。そのような状況の中「ISMA」は、上階延焼性を評価する有効な防火試験として、世界でも最も厳しく信頼性の高い試験として認知されています。

日本

1998年(平成10年)および2000年(平成12年)の建築基準法・同施行令などの改正により、耐火構造の性能「火災に対する非損傷性等」に影響を及ぼさない「あと施工外断熱工法」は、法的規制を受けることなく実施できることになりました。

日本国内では「JIS A1310-2015 建築ファサードの燃えひろがり試験方法」が新規に制定されました。

建築物の外壁面に用いられる建築材料の火災安全性、樹脂系材料も含め可燃性外装材の燃え拡がりやすさを評価する試験方法が2015年1月に制定されました。日本国内での実用性を加味した中規模型の試験であり、開口部から火炎を噴出させ上下左右の全周で外装仕上げ材の火災拡大を評価できることが特徴です。ドライビット「アウサレーション」は本試験で、その性能が確認されています。

お気軽にお問い合わせください
03-5256-5637
Webからのお問い合わせ